CFDとは?

最近よく聞く「CFD」とは、何のことでしょうか?


CFDとは、(Contract For Difference)の略で、
日本語に訳すと「差金決済取引」などと言われます。

FXが通貨を扱う取引なのに対して、CFDは
日本や海外の「株式」「株価指数」「債券」「商品先物」など
種類が豊富にあり、広い意味ではFXもCFDの一種として
解釈することができます。


2011年夏には、FXにおいてレバレッジが最大25倍にまで
制限されることが決定しています。
この流れを受けて、FXに代わる投資として
CFDが注目されてきています。
posted by DDD at 22:10 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第1位 DMM証券

CDやDVDのレンタルを行っている「DMM.com証券」が行っている
CFDのサービスです。

DMM証券には以下のメリットがあります。

 @取引手数料が無料
  取引手数料のみでなく、口座管理料も無料です。

 Aスプレッドが狭い
  取引回数が多くなるにつれて、スプレッドの広さが収益に
  大きく影響してきます。
  DMM CFDでは、JPN225/JPYについて7.0円〜9.0円と
  狭いスプレッド幅を実現しています。

 B初心者でも安心。人気の4銘柄からスタート可能
  DMM CFDでは、以下の4銘柄に絞っており
  初心者でも安心して始めることができます。

   JPN225/JPN(日本225種株価指数)
   NDQ100/USD(ナスダック100指数)
   USDJ30/USD(ダウ工業株30種平均)
   SPX500/USD(米国SPX500指数)


DMM CFDは、初心者におすすめしたい
サービスですね。


→「DMN CFD」で口座開設!詳細ページはこちら←
  
  
posted by DDD at 22:06 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第2位 楽天CFD

大手ネット証券「楽天」のCFDサービスです。


英語の記載が多いCFD取引画面において
すべて日本語で対応していて、使いやすい仕様になっています。

現時点で、約380以上の銘柄が取り扱い可能になっていて、
特に米国株式に強い傾向があります。

2010年以降も、取引可能銘柄を順次増やしていくとの
ことなので、ますますの充実が期待できますね。


資料請求が可能ということなので、
初心者の人や不安な人は、口座開設前に
資料請求をしてみるといいでしょう。


↓詳細は以下のサイトから。資料請求も以下のサイトから可能です。

posted by DDD at 22:05 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第3位 FXオンライン(CFD)

CFD実績において、世界最大規模を誇る「IG GROUP」に所属する
「FXオンライン」のCFDです。

 @約定率が高い
  99%と非常に高い約定率を誇っています。
  

 A取引銘柄数が日本最大規模
  日本や海外の株式・株価指数・商品先物など
  7,000種類と抜群の品揃えが魅力です。

 B日本初!バイナリーオプションを導入
  まだ日本ではなじみが薄いですが、二者択一の取引方法は
  初心者でも楽しむことができます。


顧客満足度の非常に高い「FXオンライン」。
上級者まで楽しめるため、「DMM CFD」と一緒に口座開設してしまうのが
いいかもしれませんね。
posted by DDD at 22:04 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

口座を複数開設してみよう!

それぞれの会社には、メリットやデメリットがあるため
初心者の方は特に、複数の口座を開設してみることを
おすすめします。

デモ口座も含めて、いくつかの口座を使用してみて
慣れてきたら口座を絞る、という使い方もありますし
「スキャルピング」のときはA証券、
「スイングトレード」はB証券、といった使い方も可能です。


FXに替わる投資として注目を集めているCFD。
まずは、口座を開設してみてはいかがですか?
posted by DDD at 22:02 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Add to Google My Yahoo!に追加 Subscribe with livedoor Reader
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。